pagetop
MENU

ブログ

Blog

歯が脱臼した時

強くぶつけたり外傷によって、歯が脱臼してしまった時、とれてしまった時、 歯医者に行かないと!となりますが、その時の注意事項があります。 とれてしまった歯の周りには歯根膜という繊維があります。もともと歯は歯根膜によって骨と…

続きを読む

歯を磨くと出血する

歯を磨いていたら、歯茎から出血してきたので異常かと思い、途中で歯を磨くのをやめました。と、患者様に言われることが時々あります。 歯茎が傷になって出血してる場合が稀にありますが。痛みもなく出血する場合、ほとんどの場合は歯肉…

続きを読む

インプラント治療の流れ

インプラント治療は比較的時間のかかる治療です。その流れを説明していきます。 ①術前診査・初期治療 レントゲンやCTによる診断や口腔内の状態に応じた治療計画を立案します。初期治療として、歯周病の治療が必要になったり、糖尿病…

続きを読む

歯周病がリスクになる疾患

歯周病がリスクになる疾患は多くあります。歯周病は、今や単純に口の中だけが悪くなるという疾患ではなく、全身に影響を及ぼす疾患という位置づけです。 心疾患 脳血管疾患 動脈硬化 誤嚥性肺炎 悪性新生物 糖尿病 低体重児早産 …

続きを読む

日本は抜歯矯正が主流だが

orthdontics

大人の歯列矯正をしようとすると、顎の大きさに対して歯が並びきらないと言われて左右上下の中間歯を計4本抜歯し、歯列矯正を行いましょうと薦められることが多いです。 果たしてそれは最善の策でしょうか? 中間歯抜去の矯正の理屈は…

続きを読む

小児期の矯正について

blowing

小児期の矯正については、考え方、やり方が様々あります。ここでは大まかに2つに分けて説明します。 ①ワイヤーで前歯4本だけ綺麗に並べて終わりのような割と簡単で時間もかからない矯正。 ②MFT(筋機能訓練)で歯列不正が起こる…

続きを読む

歯の神経をとるべき?

結論から言えば、歯の神経はとらない方が良いです。 もちろん虫歯の治療上、仕方ない場合があるのですが… 歯の神経をとるというのは、歯の寿命を一気に縮めてしまいます。 神経をとった歯というのは、歯自体が痛みを感じなくなります…

続きを読む

虫歯の予防1

虫歯にならないための予防法については、いくつかあります。 ①虫歯にならないこと ②日々の歯磨きや定期検診、PMTC(歯科衛生士による歯科の機材を使ったクリーニング) ③フッ素や栄養学 ④口腔機能の向上 ⑤歯列不正、かみ合…

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ