pagetop
MENU

ブログ

Blog

なぜ歯列不正が起きるのか


現代では、日本で見ても世界的に見ても、全人口の半分以上の方が歯列不正や歯並びに何かしら問題があります。

理由は、昔に比べて、歯のサイズが変わっていないのに対し骨格が小さくなってきたというのがあります。

歯や顎の骨格だけでなく、産まれてくる赤ちゃんのお母さんの骨盤の形も昔に比べ変わってきて狭くなってきているというのも理由の一つです。

 

歯は、歯槽骨という顎の骨に並んできます。顎の骨の成長は、遺伝的な要因もありますが、外側には頬や唇の筋肉、内側には舌の筋肉に囲まれており、そのニュートラルな位置に成長したり、歪んできたりします。

現代人は頬、唇、舌の筋力が弱く正しい顎の成長を誘導できない子供が非常に多いです。それが原因で、顎の骨が3次元的に歪み、歯がしっかり並ばないケースが多いです。

なぜ筋力が弱い子が多いか、それは「機能の獲得なくして健全な口腔は得られず」で説明したいと思います。

 

 

藤沢市柄沢、大鋸、並木台、渡内、藤が岡で歯医者をお探しの方は、
ふじ歯科医院までご連絡下さい。
住所: 神奈川県藤沢市柄沢558-9【地図
院長: 藤原崇

院長 藤原崇
記事監修
院長 藤原 崇(ふじわら たかし)

昭和大学歯学部歯学科 卒業。

顎咬合学会(認定医)
日本口腔インプラント学会九州インプラント研究会
赤ちゃん歯科ネットワーク
日本矯正歯科学会

詳しい医師紹介を見る 予約をとる

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ