pagetop
MENU

ブログ

Blog

矯正治療中(ワイヤー矯正)の注意事項


矯正治療中、針金(ワイヤー)や取外しできない装置(ブラケット装置)がついてる時の注意事項についてお話します。

①治療した日から平均2〜3日は歯に力がかかり痛みが出やすいです。

強い痛みがある場合は、痛み止めの薬(市販のもので大丈夫です)を服用して下さい。

②器具が頬や歯茎にあたり痛む場合があります。

保護用の材料をお渡ししますので、痛みがある時にご使用してみて下さい。強い痛みがある場合は医院までご連絡下さい。

③食事に関して

・極端に硬いものはお控え下さい。例:フランスパン、硬い煎餅、氷を噛むなど

・ガムやキャラメルのようなくっつきやすいものはお控え下さい。

・強く力がかかっている時は咀嚼するのが難しい場合もこざいます。ゼリーやおかゆなど流動的な食事が必要な場合がございます。

④歯磨き

器具がついてる分、磨きづらく、磨き残しが多くなりやすいです。通常より丁寧な歯磨きや専用の清掃器具が必要になります。虫歯や歯周病のリスクが高まりますので、担当衛生士より歯磨き指導を受け、矯正治療とは別に定期的にメンテナンスでチェックやクリーニングを受けることをお勧めします。

⑤強い力を受けると器具が外れてしまうことがあります。気になっても舌で触ったり、いじったりしないようにして下さい。スポーツなど、人と接触する可能性がある際はよく注意して下さい。

⑥ゴム掛け

ゴム掛けが必要な際、ご協力頂けないと治療が終わらないだけでなく、悪化していく可能性がございます。ゴム掛けの指示がある際は必ずお守り下さい。長期に渡り、ゴム掛けされないと治療を中断せざる得ない場合もあるのでご了承下さい。

藤沢市柄沢、大鋸、並木台、渡内、藤が岡で歯医者をお探しの方は、
ふじ歯科医院までご連絡下さい。
住所: 神奈川県藤沢市柄沢558-9【地図
院長: 藤原崇

院長 藤原崇
記事監修
院長 藤原 崇(ふじわら たかし)
  • 昭和大学歯学部歯学科 卒業
  • 顎咬合学会(認定医)
  • 日本口腔インプラント学会
  • 九州インプラント研究会
  • 赤ちゃん歯科ネットワーク
  • 日本矯正歯科学会
詳しい医師紹介を見る 予約をとる

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ