pagetop
MENU

ブログ

Blog

オーラルフレイル(口腔機能低下症)と口あそび


近年、舌や口の筋力が弱いお子様が増えています。

一概ではないですが、TVやインターネット動画の普及も一つの要因かと思われます。

ぽかんと口をあけながらモニターを見るお子様をしばしば目にします。

 

舌や口の筋力が弱いと、いわゆる低位舌、口呼吸、異常嚥下などオーラルフレイルと呼ばれる機能低下により、歯列不正、滑舌、唾液が出にくい、虫歯、歯周病、口臭などや、アレルギー、喘息、自律神経系に影響すると言われています。

 

今回は低年齢なお子様でも筋力アップできる口あそびを紹介したいと思います。

口あそびの種類 方法
吹く 紙風船、ゴム風船

口笛、水笛、巻き取り笛

ストローでコップの水をぶくぶく

吸う 細いチューブで水を吸う
舌を上顎につけタンタン音を鳴らす

ゆっくり唇を1周なめる

舌を左右に動かす

タコ糸をつけたボタンを口唇のみで引っ張りあう
にらめっこ

片方ずつ交互に頬を膨らませる

噛む ビニールチューブ、昆布、ガムを噛む

子供とのコミュニケーションをとり、遊びながらトレーニングできたら良いかと思います。

年齢制限はありませんが、低年齢なほど機能の獲得、環境による変化は大きいかと思います。

藤沢市柄沢、大鋸、並木台、渡内、藤が岡で歯医者をお探しの方は、
ふじ歯科医院までご連絡下さい。
住所: 神奈川県藤沢市柄沢558-9【地図
院長: 藤原崇

院長 藤原崇
記事監修
院長 藤原 崇(ふじわら たかし)
  • 昭和大学歯学部歯学科 卒業
  • 顎咬合学会(認定医)
  • 日本口腔インプラント学会
  • 九州インプラント研究会
  • 赤ちゃん歯科ネットワーク
  • 日本矯正歯科学会
詳しい医師紹介を見る 予約をとる

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ