pagetop
MENU

ブログ

Blog

健康日本21


厚生省が掲げる政策に健康日本21というものがあります。

お口の中で有名なもので言えば8020運動(80歳まで20本歯を保ちましょう、最近では8029と言って、80歳になってもお肉(29)を食べれるように歯を健康に保ちましょう)という運動があります。

平成8年より厚生科学研究で行われている「口腔保健と全身的な健康状態の関係に関する研究」では、80歳高齢者を対象とした統計分析等から、歯の喪失が少なく、よく噛めている者は生活の質および活動能力が高く、運動・視聴覚機能に優れていることが明らかになりました。

健康日本21では、歯の喪失原因の約9割がう蝕と歯周病で占められていることから、各ライフステージに応じた適切なう蝕・歯周病予防を推進することが重要であるとされています。

 

歯の喪失防止の目標
 ・80歳における20歯以上の自分の歯を有する者の割合及び60歳における24歯以上の自分の歯を有する者の割合の増加   目標値:80歳における20歯以上の自分の歯を有する者の割合 20%以上
   基準値:20歯以上の自分の歯を有する者 75~84歳 11.5%
   

リスク低減目標
 ・定期的に歯石除去や歯面清掃を受けている者の割合の増加
   目標値:定期的に歯石除去や歯面清掃を受けている者の割合 30%以上
   参考値:過去1年間に歯石除去等を受けた者 55~64歳 15.9%

 

定期的に歯科検診を受けている者の割合の増加
   目標値:定期的に歯科検診を受けている者の割合 30%以上
   基準値:過去1年間に歯科検診を受けた者 55~64歳 16.4%

(厚生労働省HPより引用)

 

高齢になってくると歯を失って入れ歯になるというのは当たり前ではなくなってきました。

しっかりと予防すれば、長く健康に歯を保つことができ、生涯自分の歯でお食事することが可能です。

今は予防歯科は早ければ0歳やマイナス1歳からとも言われています。

なるべく早期から生涯を見据えて予防してあげれると良いかと思います。

 

 

藤沢市柄沢、大鋸、並木台、渡内、藤が岡で歯医者をお探しの方は、
ふじ歯科医院までご連絡下さい。
住所: 神奈川県藤沢市柄沢558-9【地図
院長: 藤原崇

院長 藤原崇
記事監修
院長 藤原 崇(ふじわら たかし)
  • 昭和大学歯学部歯学科 卒業
  • 顎咬合学会(認定医)
  • 日本口腔インプラント学会
  • 九州インプラント研究会
  • 赤ちゃん歯科ネットワーク
  • 日本矯正歯科学会
詳しい医師紹介を見る 予約をとる

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ